パトロンがロンと提携、基本情報まとめ

├パトロン(PAT)
スポンサーリンク

この記事の概要

☑暗号資産RONの特徴について
☑サイトURLまとめ

RONの役割

RONプロジェクトが手がける、SNS利用者のために作られたトークンエコノミーの中で流動する決済通貨です。

RONの基本情報

シンボル

RON

ブロックチェーン

ERC20

総供給量

1000億枚

循環サプライ

49億枚

トークン割合

・トークンスワップ→0.1~0.4%
・マーケティング&マーケットメイク→2%
・IEO→1.5%
・チーム&アドバイザー→1%
・ロックアップ→95.1%

RONの販売について

RONは、IEOにて販売されるようです。

販売価格

ステージ1→0.1USD
ステージ2→0.15USD
ステージ3→0.2USD

チームメンバー

パトロンのCEOは、マーケティングアドバイザーとしてチームに加わっているみたいです。

RON公式サイト

Ron
Tokens that transcend in-app barriers and can be used in reality.

私が感じたこと

パトロンのICOが失敗しているのに新しいのを出されても、全然欲しくないなと思いました。

 

ただ、パトロンのICOがなぜ失敗したのか?

 

これを考えた時、過剰なボーナスや、マーケティング会社の紹介に原因があったような気がする。

 

取引所を介しての販売であり、かつ全体の1.5%しか売らないのであれば、前回の失敗点は改善されているかなという印象。

 

加えて、総供給量は多いが、95.1%のロックアップは著しい価格の下落を抑えられる可能性はある。

 

しかし、初期価格0.1USDで欲しいのかと言われると、あんまり欲しくない。
とりあえず、今後の動向を見守ろうと思う。

コメント