バンクエラローンが発売開始

├バンクエラ(BNK)
スポンサーリンク

この記事の概要

☑バンクエラローンについて
☑バンクエラのICO価格について
☑スペクトロコイン公式URL

バンクエラローンの開始

2019年7月22日(月)より、バンクエラローンが発売されたと思います。

「思います」というのは、自分でローンに申し込んだわけじゃないためです。

ツイッターでは、22日からということで告知されています。

 

バンクエラローンについては、以下の記事を参考にどうぞ。

https://okameinkoharu.com/each-cryptocurrency/bnk/three-products/

いつの間にかサイトができていた

バンクエラローンの専用サイトができていました。

Crypto loans
Cryptocurrency lending platform. Get Bitcoin loan, Ethereum loan or crypto loan by staking your crypto holdings as collateral for crypto-backed loan.

思ったよりやばそうだぞ!

えっ?これ結構いいんじゃないかな?

正直そう思いました。

借りられる最大金額

100万ユーロ(約1.2億円)

選べる通貨

・ユーロ
・USDT
・BTC
・ETH
・XEM
・DASH
・BNK

担保の種類

・BTC
・ETH
・XEM
・DASH

BNKの使い途

利息をBNK払いにすることで、APR(Annual Percentage Rate=実質的なコスト)が、安くなります。

・BTC=7.5%→6%
・ETH=7.5%→6%
・XEM=7.85%→6.35%
・DASH=7.85%→6.35%

何がやばいのか?

仮想通貨に実質的な使い途が生まれたこと。

しかも、お金を借りるという需要ある分野で。

現在の価格

1BNK=約0.23円

ICOの価格

時間の経過とともに価格があがるタイプでした。

 

はるはる
はるはる

私の購入額は、1BNK=2.8円でした。
つまり現状は、約10分の1の状態。

総発行量

250億枚

 

はるはる
はるはる

今までバーンした話は聞いていません。

現在の取引状況

1日の取引量が約460万円分。

しかしこれが正しいかは不明です。

 

なぜなら、BNKはスペクトロコインで交換できるからです。

 

取引所ではない交換所で交換できる通貨。
しかも、バンクエラ独自の交換所。

 

その取引内容は、コインマーケットキャップに報告していない気がします。

 

HITBTCは日本人が利用できないため、購入するならやはりスペクトロコインでしょうか。

サイトを見ると、日本語にも対応しているし、日本円にも対応しています。
しばらく見ていませんでしたが、まだ日本人に対して規制していないみたいです。
(日本版ツイッターは、規制により停止しましたが)

https://spectrocoin.com/en/

 

海外の取引所を紹介すると、規制に引っかかる可能性があるので、なるべくしないようにしています。

でも今回のは、取引所ではなく交換所だからありなのかなあ。
どうなんだろう。

そう思いつつ、サイトを載せておきます。

まとめ

・バンクエラローンが22日開始に開始したと思われる
・BNKを利用することで、ローンコストが安くなる
・実需が生まれることに期待
・現在の価格は、0.23円
・ICO価格は、約2.8円

 

はるはる
はるはる

バンクエラは、1BNK=100円を目指しています。
そんな発言をだいぶ昔に見たことがあります。

コメント