いつの間にかm+plusが上場していた

├m+plus(MPL)
スポンサーリンク

この記事の概要

☑m+plusの上場について

ふと思い出したm+plus

m+plus(MPL)が販売されたのは、2018年6月のこと。

価格は、1MPL=5~6円くらいだったと思います。

それがいつの間にか「CoinBene」に上場してました。

意外と上場したばかり

チャートを見ると、始まりが2019年6月11日になっていました。

 

(※CoinBeneより引用)

 

意外と上場したばかりだったんですね。

17日現在の価格は、約0.3円です。

 

なぜか52%上場していたようですが、取引量が少ないですね。
もう1年も経過したので、忘れられていたのかも。

 

MPLの発行元は、実在する製薬会社です。
でも、あまり情報が出回っていない印象でした。

 

マーケティング会社が宣伝した通貨は高確率で暴落するので、20分の1程度で下落が止まってよかったかもしれません。

今後の期待

今後どうやって実需を生み出していくのかにかかってそうです。

 

製薬会社の製品が特別価格で買えるなどの特典が付く予定ですが、それだけでは実需を満たしてないということです。

もっとみんなが欲しくなるような、身近な需要が必要ですね。

 

まあ偽の薬をなくすということができれば、日本はともかくとして海外で需要が高まるとは思います。

 

問題はそれが一体いつ達成できるのかですね。

m+plusもしばらく塩漬けの予感です。

まとめ

・m+plusはCoinBeneに上場済み
・現在の価格は、ICOセール時の約20分の1

 

はるはる
はるはる

みんな損はしたくないから、損するなら売らないと思うんです。
ここまで価格が下がるのは、損しない人間がいるからかも?

コメント