ビットバンクトレードがサービス終了

├ビットバンク
スポンサーリンク

今日のニュース

仮想通貨取引所ビットバンクが運営する、レバリッジ取引所「ビットバンクトレード」がサービス終了します。

理由は、流動性への寄与度合いが低減したことなどによるそうです。

サービスは、2019年3月31日で終了しますが、データはビットバンクに移行されるようです。

ただし、取引履歴等は今のうちに取得しておいた方がいいとのこと。

 

はるはる
はるはる

取引履歴を取得した方がいい理由は、主に税金計算のためです。

情報元

ビットバンク:仮想通貨レバレッジ取引の「サービス終了」を発表|bitbank Trade
仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)は2019年1月10日、同社が運営するレバレッジ取引所「bitbank Trade(ビットバンク・トレード)」のサービスを2019年

初心者向けの説明

ビットバンクは、国内でリップルの取引をするのに便利です。

レバリッジ取引とは、お金を持っていなくても取引できるシステムの事です。
例えば、5倍のレバリッジで5万円を証拠金にしたなら、25万円の取引ができます。

メリットは、利益が5倍出せること。

デメリットは、マイナスも5倍になること。
ゼロカットシステムがなければ、莫大な借金になることも

私は、レバリッジ取引を利用するのは、上級者だけでいいと思っています。
初心者はやらない方がいいと思う。

理由は、損すると思うからです。

トレードで利益を出すには、検証、ルールの作成、チャートの勉強、資産管理、度胸等の様々な要因が必要になるので、勘で取引するだけなら、レバリッジは危ないと思います。

コメント