資産の保護

スポンサーリンク

この記事でわかること

☑最も安全な仮想通貨保管方法
☑ハードウェアウォレットが安全な理由

この記事が不要な人

ここでは、現状最も安全な保管方法であるハードウェアウォレットを紹介します。

このハードウェアウォレットは、約15000円くらいするので、少額だけ投資したい場合は不要です。

仮想通貨は、1枚10円以下のものもありますし、振込手数料等がかかりますが、極論1000円からでも始められます。

そのため、1000円しか投資しないのに15000円も設備投資する必要ないのです・v・
1000円投資して、その通貨が50000円くらいになったら、一部利益確定して買うとかすればいいのです。

仮想通貨の保管方法

☑取引所の口座におきっぱにする
☑アプリで保管する
☑ハードウェアウォレットで管理する

 

このように、仮想通貨を保管する方法には種類があります。

 

取引所で保管する場合

取引所におきっぱにすると、口座にアクセスするための鍵(秘密鍵)を取引所が持っているため、ハッキングのリスクがやや高まります。

取引所が倒産するなどした場合や、不具合があった場合に資産を失ったり、移動の制限がかかることもあります。

アプリで保管する場合

バージョンアップで開くことができなくなることがあります。

また、秘密鍵とウォレットが物理的に分断されていないため、ハッキングのリスクがあります。

ハードウェアウォレットで管理する場合

ウォレットにアクセスするには、パソコンに秘密鍵のデータを搭載したハードウェアウォレットを物理的に差し込む必要があります。

そのため、現実に泥棒に入って、パソコンを直接操作しなければハッキングが難しくなります。

ただし、自分で秘密鍵(24桁の英単語)を管理するため、その保管を厳重にしなければなりませんし、なくした場合は、誰も開くことができなくなります。

その代わり、セキュリティレベルとしては現状最高クラスです。

ウォレットを操作したいときは、差し込むだけで操作できるし、パソコンから抜いてしまえば、もうネット上からハッキングすることはできないのですから。

強いていえば、直接ハッキングできないが故に、送金先を強制的に変更するウイルスが存在するくらいです。

 

この話を聞いて、ハードウェアウォレットで管理してみようかなと思う人は、もう少し詳しく説明した記事があるので、そちらを参照してください。

 

ハードウェアウォレット(Ledger Nano S)の導入と使用方法
今回はハードウェアウォレットのLedger Nano Sの導入方法について話していきます。 その前になぜ導入が必要なのかについて話します。

 

はるはる
はるはる

マイイーサウォレットのページが昔と少し違っています。
でも考え方は一緒なので、言語を「日本語」に変えてから、
「マイウォレットへアクセス」を選べばいいです。
そうすれば、アクセス方法として、ハードウェアウォレットの選択が出ます。