仮想通貨の税率20%は実現するのか

├仮想通貨の味方な議員
スポンサーリンク

この記事の概要

☑仮想通貨の税率を考える

仮想通貨に味方する議員

藤巻議員という方がいるのですが、ずいぶん仮想通貨に特化しているようです。

 

公約の内容を見てみると、

 

・税率20%の分離課税へ
・損失の繰越控除を可能に
・仮想通貨間の売買を非課税に
・少額決済を非課税に

 

随分ありがたい内容が並んでいます。

仮想通貨の現状

・税率約60%
・昨年、ICOで損したのに繰り越せない
・いちいち売買を全て記録するのは面倒
・ちょっと利益出ただけで申告(20万円以上)

 

これらが全部解消されたら、まさに夢のよう。

実現可能なのか

結構重大な問題なので、すぐに変えるのは難しいかもしれない。

でも、誰も声をあげなければずっと変わらない。

思っているよりも大きい問題

仮想通貨の課税が嫌で、マレーシアに移住する人が実際に出ていると思います。

大きく税金を取ろうとして、逆に取れる税金が減っている可能性も。

高齢化社会や、年金問題とも密接に関係している問題だと思うので、対策を急いだほうがいいように思います。

今ならまだ、ビットコインが過去最高値を更新していません。
税率を変更する好機な気がします。

まとめ

・藤巻議員の4つの公約
→税率20%の分離課税へ
→損失の繰越控除を可能に
→仮想通貨間の売買を非課税に
→少額決済を非課税に
・実現に期待

コメント