Zaifがハッキングされる

スポンサーリンク

2018年9月14日からZaifで仮想通貨入出金等の一部サービスが稼働していないようです。

原因は、公式サイトにてはっきりとハッキングであると発表されています。

ハッキングされた仮想通貨は

①BTC 5966

②MONA 調査中

③BCH 調査中

とされており、被害額は約67億円となります。

そのうち45億円が顧客の資産であるとのこと。

これについては、株式会社フィスコデジタルアセットグループとの間で、50億円の提供を検討する契約を締結したそうです。

コインチェックに引き続きZaifもハッキングで利用できなくなり、ビットフライヤーも新規登録ができないとなるとなかなか厳しいですね。

実際に利用できない不便というのもありますが、金融庁にも影響を与えそうです。

コインチェックのことがあって、警戒しているなかでのハッキングなので、やっぱりだめじゃないかということになると困りますね。

海外取引所などの規制が厳しくなったりしなければいいのですが。

以下情報元記事

仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について
テックビューロ株式会社のプレスリリース(2018年9月20日 02時15分)仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について

コメント