BNKをMEWに移すべきか

スポンサーリンク

前回のBNKの記事で、私はスペクトロコイン
で保有するといったものの、やっぱり
ハッキングが怖いですよね。

今現在スペクトロコインの純利益の20%配当
といっても、10万BNKで数十円、100万BNKで
数百円くらいなんですよ。(1週間につき)

このお金ほしさに全額危険に晒すのもなあ
という気がします。

<対策その1>

スペクトロコインに1万BNKだけ残して
純利益の額を確認できるようにするとかもありです。

後はMEWに移してハードウェアウォレットで管理
します。

複数のハードウェアウォレットに分散して
管理するとなお安心。
(ただし配当請求の不都合があればまとめたほうがいいかも)

これでハードウェアウォレットの送金先アドレス
が勝手に変更されるウイルスに感染したとしても
全額の被害を回避できる。

そして純利益がかなり上がってきたら、配当受取の
申請とやらをする。

<対策その2>

最初から全額ハードウェアウォレットに移動して
配当の請求手続きをしてしまう。

<配当申請の方法>

イーサリアムのスマートコントラクトを通して請求する。

①判定は日曜日から月曜日で毎週変更される
この最終ラウンド終了時にトークンを保持している人のみ対象。

②ERC223スマートコントラクトの
アプリケーション・バイナリー・インターフェース(ABI)
を使用して請求する。

そのために、コントラクトアドレスを使用してABIを設定
する必要がある。

アドレスは、 0xc80c5e40220172b36adee2c951f26f2a577810c5

それから報酬の関数を呼び出す必要がある。

情報元の言い方を見ると、イーサリアムの送金手数料に
満たない配当の場合は、累積して貯蓄できるような言い回し
をしています。

ただ、具体的にどうやって設定するのかという情報を
調べたのですがなかなか見つかりません。

もしかしたら結構面倒なのかもしれない。

<ハッキングリスク>

2段階認証を入れていても、ハッキングされたという話を
よく聞きます。

なので私は、SMS認証にして、誰かがログインしようとしたら
スマホにメッセージが来るようにしています。

それなら知らない間にログインされていたなんてことも
少ないだろうと。

そして一度でもメッセージがきたら、即移動してしまえばいい。

今のところこんなかんじです。

ただ、電話番号って色んな人に教えますよね。
その電話番号と同じものを架空で作って、そこにもSMSの
メッセージが届くようにすれば不正ログインできないこともない。

検索すると、SMS認証用の携帯電話番号を突破する方法
というようなものがたくさん出てくる。

じゃあやはり2段階認証の方がいいのかといえば
それはそれで、何かこうひもづけして突破できるとか
そういう話もある。

更に、スマホが壊れた場合もやばい。
スペクトロコインはメールアドレスの変更も許さないのだから
融通がきかなさそう。

しかも海外の販売所なので、ますます大変。

ちなみに、メールアドレスが変更できないからといって
もう一つアカウントを作るとBAN(アカウント削除)されるらしい。

<結論>

やはり対策その1でいくべきか。

最終的にバンクエラが銀行業務を始めて、その支店なんかが
日本とかにもできて、そこで普通にBNKを現在の銀行のように
して預けられるようになったらいいなと思いますけどね。

そして既存の銀行と違ってBNKの預金なら金利がたくさんつく
とかなればいいななんて思ったり。

そしたら富裕層が、不労所得を求めてみんな欲しがって
値段もあがって・・と。

そんなことになるかはわかりませんが、とりあえず
価値が上がるまで仮想通貨をどう守るかは
BNKに限らずよく考えないといけないですね。

AXEの動画に出ていた人なんか10億円分のビットコイン
を盗まれたって言ってましたしね。

<上場についての話>

HITBTCの上場後の取引ペアについて言ってませんでした。

Bitcoin、Ethereum、USDTだそうです。

ちなみにBNKを利用することで手数料無料になるのは
バンクエラ取引所でのことなので
HITBTCでのことではありません。

バンクエラ取引所はまだ未完成です。

コメント