コインベネにハッキングの噂

├ハッキング情報
スポンサーリンク

この記事でわかること

☑ハッキングの噂の出所
☑ハッキングの噂の要点まとめ

本日話す内容

仮想通貨ニュースサイト「コインテレグラフ」が、取引所「コインベネ」に40億円超のハッキング疑惑があるとの記事を書きました。

ハッキングされたと思われる金額

約44億円です。

この金額は、トランザクションにて確認された金額のようです。

 

はるはる
はるはる

トランザクションとは、送金した際に作成される記録です。
誰でも自由に見ることができます。

公式の発表は?

「26日にウォレットのアップデートのためのメンテナンスをした」とのことです。

しかし、コインテレグラフによれば、一部の内部関係者が「メンテナンスの発表は、ハッキングを隠蔽するものではないか」と考えてるようです。

ハッキングされたとしたら、どんな影響がある?

コインベネといえば、先日クロノコインのIEOが行われたばかりです。

そのため、資産を預けている日本人も多いかもしれません。

ハッキングがあった場合に心配されるのは、GOX(倒産)による資産喪失ですが、今のところその心配はないのではないかと思われます。

隠蔽しようとしてるなら、そのまま運営できるということでしょう。

対策としては、余分な資産はハードウェアウォレット等に避難させておくのが良いと思われます。

参考サイト

40億円超のハッキング疑惑の中、仮想通貨取引所コインベネがメンテナンス継続を発表
仮想通貨取引所コインベネ(CoinBene)が、ハッキング被害を疑われる中、メンテナンスの継続を3月26日に発表した。一部の内部関係者は、メンテナンスの発表は、最大4000万ドル(約44億2000万円)の盗難の可能性がある大規模なハッキング被害を隠蔽するものと示唆しているという。

コメント