クロス取引所に登録すべきか

├クロス取引所
スポンサーリンク

今日のニュース

最近やたらクロス取引所の宣伝を見かけるわけですよ。

そこで今日は、クロス取引所に対する自分なりの見解を述べます。

クロス取引所とは

アジェルバイジャン初の仮想通貨取引所だそうです。

バイナンスを超えるつもりだという話も聞きます。

 

はるはる
はるはる

アジェルバイジャンとは、旧ソ連の構成国のようですよ。

 

取引所の特徴

取引所独自のトークン名(仮想通貨)

XEX

 XEXのメリット

☑毎日配当を受ける権利(手数料の80%)
☑上場銘柄への投票
☑取引所の重大な決議に参加する権利

アセットバック専門市場の開設

株や不動産等に価値が裏付けされたトークンの市場を作るようです。

ロックアップ機能

XEXの急落を防ぐために、ロックアップ機能を付けて対策しているようです。

配当型トークン、過去の失敗事例

配当型トークンは、一時的に急騰する傾向にあります。
ですが、その状態を維持し続けられた前例はありません。

そして、配当型トークンの配当は80%が主流です。
クロス取引所が、特別多いわけでもないと思います。

私は過去に、同じ配当型トークンであるCPを買いました。

約20万円分購入して、最初の配当は5万円程度あったと思います。

それを聞くと、4日で元をとれると思うじゃないですか。
でも、そうはなりませんでした。

急落まで1週間と持ちませんでした。

その後、ロックアップ機能を付けたりしたものの、現時点での復活は無理でした。

配当で配られる金額よりも、保有しているトークンの下落が上回り、1万円配当されようが、元手が増えることはない状態となりました。

クロス取引所の場合はどうか

チャートを見てみると、2018年11月25日から取引が始まり、2019年2月14日まで急落が起きていません。

これは脅威的だと思います。

ただのロックアップではなく、マイニングに実質的な強制ロックがかかっているという話です。

ただし、上昇し続ける相場はないと思うので、安易な参入は危険かなと思っています。

参入するなら、無理のない金額がいいかもしれませんね。

勧誘が多い件について

これは単純に、アフィリエイトが理由ですね。

取引所に紹介で登録してもらった後、その人が大量に取引してくれれば、たくさん紹介料が入るわけです。

でも、クロス取引所は金融庁の登録を受けていないと思うので、私はやらないです。

広告について

「資産倍増」という宣伝文句の下に、「80%還元」とあります。

いかにも資産が80%増えるように見えてしまいますよね。
配当型トークンをしらない情報弱者を騙そうという意図を感じます。

でも、全員の資産が80%増えるなんてことはありますかね。

100億円が180億円になるとしたら、80億円はどこから来ますか?
答えは、新規ユーザーが運んで来るのです。

新規ユーザーが取引をして、その手数料から配当されるんです。
つまり、新規ユーザーが途絶えると・・・お察しです。

後は既存客で利益の奪い合い後、暴落の流れ。

ただし、そうなる前に仮想通貨市場が安定化して、新規ユーザーが途絶えず、取引所のマーケティングも上手であれば、極端な暴落を回避できるかもしれません。

ですが今は、仮想通貨市場は低迷中なので、リスクが高いわけですね。

 

はるはる
はるはる

そのあたりを考えると、誇大広告かと思います。
あんまり好きじゃないやつです。

登録すべきか

私はおもしろいなとは思いますが、今すぐ買おうとは思いません。

こういうのは初動が大事なので、買うなら11月でしたね。

今後買うとしたら、仮想通貨市場の安定が見えてくるか、取引所がよほどの企画を打ち出した時かなと思っています。

結局、これまでの情報を見て、どう思うのか次第ですよね。

クロス取引所のサイト

登録するかは別にして、値動きのチェック等に使いたい人もいると思うから、リンクは載せておきます。

https://www.crossexchange.io/cross/home

初心者のための用語解説

上場銘柄の投票

取引所で、どの仮想通貨を取り扱うか決める投票のこと。

ロックアップ

仮想通貨の売買や送金が出来ないようにロックすること。
永続するわけではなく、一定の条件がある。

マイニング

仮想通貨の売買をすると、自動的に支払った手数料に応じたXEXがもらえること。(今回の場合)

コメント