バイナンスチェーンの実装間近か

├バイナンス
スポンサーリンク

今日のニュース

バイナンス公式ツイッターで、2018年12月4日に、バイナンスチェーンを数か月以内に実装するかのような発言があったようです。

記事を書いた理由

バイナンスは世界一有名な仮想通貨取引所だと思います。
そのため、バイナンス独自のブロックチェーンとなれば、かなり重要です。

しかし、毎日情報をチェックしているわけじゃないので、私は今日初めて知りました。

同じように知らない人もいるかと思い、少し前の日付ですが、記事にした次第です!

バイナンスチェーンが導入されるとどうなる?

バイナンスコイン(BNB)が、イーサベースのトークンから、バイナンスチェーンに移行されます。

また、新たな流動性を獲得する見込みだそうです。

ミニ用語解説

ブロックチェーンというのは一つで共用されているわけではなく、種類があるのです。

ビットコインのネットワーク上では、リップルを取り扱うことはできないのです。

バイナンスの独自仮想通貨であるBNBが、イーサベースのトークンを離脱して、バイナンスチェーン上で取り扱われるようになると、イーサベースでは使えなくなります。

そのため、イーサネットワーク上のウォレットにBNBを保管したままにしておくと、使えなくなってしまったりするわけです。

その時がきたら、バイナンスに移動して、バイナンスで保管しなければならないのです。

流動性は、取引が活発になって、市場が活性化し、盛り上がるようなイメージです。
これにより、仮想通貨の価格が上昇することが期待されるのです。

 

注意点

この知識をベースにしつつも、この通りになるとは限らないと考えていて欲しいです。

独自チェーンに移行すると、通常は上記のようになるのですが、分散型DEX取引所を絡めて他のイーサ系トークンも移行するような話を耳にします。

そしてそのDEX取引所で、バイナンスチェーンを利用するとも。

つまり、イーサネットワークを活かしたまま、独自チェーンに移行して、両立させるのかもしれない。

正直、このあたりを正確に把握できていないのが現状です。

 

はるはる
はるはる

今のところは、「バイナンスチェーンというものがあるんだ」程度に覚えておけばいいかもしれないですね

コメント