ネム財団が破産を否定、しかし価格戻らず

├ネム(XEM)
スポンサーリンク

今日のニュース

2019年1月末頃、ネム財団破産の噂が流れました。

これに対しネム財団は、「ただの組織再編である」と反論しました。

噂による影響について

今回の騒動で、仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」がネムのレバリッジ取引を除外しています。

スプレッドキャンペーン(第6弾)対象銘柄変更(XEM/JPYの対象除外)についてのお知らせ – 【DMMビットコイン】仮想通貨を始めるならDMM Bitcoin
株式会社DMM Bitcoinや仮想通貨に関する最新のニュースなど、お知らせのページです。

ついにネムの価格が4円を切る

ネム財団が、破産を否定したにも関わらず、2019年2月6日現在、ネムの価格は4円を切ってしまっています。

 

はるはる
はるはる

個人的には、どこかで少し戻すタイミングが来るような予感がしています。
そこを拾えれば、利益を出せるのではないかな、と。

 

初心者のための解説

ネムとは、仮想通貨XEMのことです。
コインチェック事件で有名になりました。

ネムの価格は2017年の年末頃、約250円でした。

その後、コインチェックのハッキングにより少しずつ値を下げ、最近は4~5円付近でずっと粘っておりました。

なぜ私が4円を切ったことに反応したのかと言うと、ただの勘です。

仮想通貨って、きりの良い数字のところに壁があって、そこを突破すると、何らかの動きが出ることが多いのです。

普通は4円に買いの壁を作ります。
それを突破したということは、買いの力が弱いことを意味し、一気に下がる可能性がある。

しかし、ある程度下がったところで反発して、大きい上昇が来る。
(大きいと言っても、下がる前の価格は基本的に超えない。)
そこを拾えば、利益が出せるのではないか。

こんな感覚があるのです。

 

はるはる
はるはる

ただし、ネムの場合はそこにハッキングによって盗まれたネムの現金化という要素が加わるので、予測しない動き方をする可能性があります。

コメント