テザー社が560億円相当のUSDTを破棄

スポンサーリンク

テザー社が560億円相当のUSDTを破棄し、トークンを売却したそうです。

その大半がBitfinexからのものとのこと。

USDTは透明性という点では機能しておらず、ジェミニドルの方がより筋が通っているとの声もあるようです。

情報元

テザー社が560億円相当のUSDTを「破棄」 仮想通貨業界における新たな疑惑は論争に発展
USDTの発行企業テザー社は、5億USDT(560億円相当)を破棄(焼却)し、トークンを売却した事が明らかになった。発行とは逆の工程を行い、USDに戻したUSDTを破棄する仕組み。USDTの裏付け資金の問題など多くの疑惑を背景に、このトークン焼却が話題となっている。

記事内容について

テザーもなかなか厳しい状況なのかなと思います。

もしかしたらジェミニドルの方が主流になっていくかもしれませんね。

テザーの存在価値は信用にあるわけですよね。
USDと同じ価値があるから利用される。

その点に関して不安があるということになれば、より確実な方が選ばれてしまう気もする。

今日の一言

今日は言うことが色々とあります。

 

まずはコインパークの話から。

 

FTMのパートナーセールが始まってから初日で、在庫がほとんど売れてしまったようです。

今後購入に使用したCPがどうなっていくのかで、CPの価値が変わってきそうですね。

マイニングされて売られる流れだったのが、別なものに消費されて売られなくなる流れができるのかどうか。

 

次にショッピンの話。

 

先日久しぶりにCEOが動画をアップしていたので、調子が戻ってきたかなと思っています。

この調子で頑張ってほしい。

 

最後にミンドルの話。

 

TOB関連でテレグラムが随分荒れていました。

これについてはミンドルが進捗状況のレポートを出しています。
ツイッターで昨日の23時台に案内が来ていました。

情報不足でいらいらしているというよりは、価格の下落でいらいらしている人が多い気もしますね。

急激に価格が下落し、指値が通らないバグのようなものが発生しているという話もありました。

ちょっとでも何かあるとすぐ詐欺だと騒ぐ人が出てきますけど、個人的にはあんまりよろしくないかなと思います。

やたら法律という言葉が飛び交っていましたけど、多分法律を主張していた人は法律をよく理解していない人かなと思います。

あんまり批判もしたくないので、詳しくはいいませんが言葉のところどころおかしいところがありました。

法律の心得があれば言わなさそうな発言がちらほら。
言葉遣いとかそういうことではなく。

まあ多額の資金を入れている人は心配でしょうが、黙って待ってればいいだけだと思いますよ。

コメント