NAMの量子コンピュータ応用

├ナム(NAM)
スポンサーリンク

この記事の概要

☑NAMの動きについて

創薬への応用

NAMが量子コンピュータを創薬に応用するみたいですね。

これにより、さまざまな病気の治療を見つける可能性を広げるのだとか。

量子耐性のある暗号資産

私が初めて量子耐性を意識したのは、ADAコインでした。
そういえば、NAMも量子耐性ありましたよね。

本来の目的

そう、NAMに投資した人達は、単に利益を得るだけでなく、医療の未来のために投資した人も多かったはず。

 

投資しているだけだと、内部の動きはあまりわからないものです。
でも、やっと本来の動きが見えてきたのかなという感じ。

 

今後、何か大きな成果を上げた場合、
NAMの価格に影響するのかどうか。

 

NAMそのものが価値を持つのと、事業進展は別ってところもあるから、何とも言えないところですよね。

 

他のプロジェクトを見ても、意味を持たせたからすぐに値上がりするというわけでもない気がする。

期待による値上がりが一番大きく、その後下落してそのままというのがパターン。

そろそろ、実のある値上がりが欲しいですよね。

コメント