ミンドル、日本でのサービス終了

├ミンドル(MIN)
スポンサーリンク

今日のニュース

ミンドル香港オフィスに、金融庁から「照会書」が届き、「資金決済に関する法律」63条2項による交換業者の登録を求められたとのこと。

これにより、日本人向けのサービスが廃止される流れとなりました。

2018年12月31日17時までに、公式サイトも削除され、案内が見れなる可能性が高いです。

 廃止されるサービス

 日本語版公式ウェブサイト(https://mindol.jp)
 日本語版公式Telegram(https://t.me/MINDOLGROUP)
 日本語でのお問い合わせ
 その他日本居住者向けのサービスと推定されるもの

 継続されるサービス

 グローバル公式ウェブサイト(https://mindol.net)
 グローバル公式Telegram(https://t.me/MINDOLGLOBAL)
 中国語版公式Telegram(https://t.me/MINDOL_CN)
 その他日本居住者向け以外のサービスと推定されるもの

 照会書送付の背景

ミンドルが、最初のターゲットになった理由は、「目立ちすぎたから」だと思います。

芸能人やテレビを巻き込んだ騒動も、理由の一つでしょう。

詐欺被害の通報件数が、思いのほか多かった可能性もあります。

 他の仮想通貨への影響

今回の事例により、取引所を運営していなくても、交換業者の登録を求められることが明らかになりました。

来年はSTOが流行ると言われていますが、金融庁の登録がないだけで、投資先に選ばれない可能性も出てきそうです。

既存の通貨に関しては、生き残るものとそうでないものが、明確になっていきそうです。

幸い、海外での活動は継続できますから、直ちに価格がゼロ、とはならないでしょう。

 ミンドルの価格推移を振り返る

ICOステージ2.5で購入の場合、1ミンドル=80円。

3倍付与の流れで、取得原価約27円。

TOB発表で、約150円。

TOBが実行されず、価格が少しずつ低下。

TOB中止で、約7円まで下落。

明確な理由なく、すぐに価格が上昇を始め、40円台まで回復。

3倍付与が早められるも、売る人は少なく価格維持。

日本人サービス終了で、約22円まで下落。

2018年12月20日、約30円まで回復。

コメント