ETHが好調、理由を考えてみる

├イーサリアム(ETH)
スポンサーリンク

今日のニュース

2017年末のような爆上げがないまま、年が明けてしまいました。

しかしETHだけは、本日も12%ほど価格を上げています。

現在の価格は、約16000円なので、1万円切ってた頃に比べると50%以上も上昇しています。

資金が豊富な人にとっては、まだまだ稼げる市場ということでしょうか。

ETHが好調な理由を考察

一番大きいのは、ICOが衰退したから。
資金調達のための売りが減ったわけです。

次に、既にICOで資金を調達した企業の売りが落ち着いてきたため。

最後に、期待により需要が高まったから。

「1万円切っていたのは、いくらなんでも下がりすぎだ。
今後STOの資金調達でも利用されるのではないか。」

こんな考えがあるのかもしれないですね。

今が買い時なのか?

相場転換したということなのか?
こう思うかもしれません。

しかし、ETH以外の上げは弱いですし、ETHは既に上昇してしまっている。

機関投資家が参入したわけでもないし、今現在使い道があるわけでもない。

そう考えると、やはりまだ買い時ではない気がしますね。

直感的に、「今だー!」という時が来るのを待つのが無難かと思います。

それは、機関投資家が買いを入れたタイミングか、実需が生まれた時
この考えは、まだぶれてません。

 

はるはる
はるはる

上記は、私の個人的な考えです。
ただの参考程度にしてください。

コメント