次世代アプリ「AXEAR」、新サービスクリプトタウン展開

├エグゼ(AXE)
スポンサーリンク

今日のニュース

次世代マーケティングアプリ「AXEAR」が、新サービスの展開に着手します。

新サービスの仮名称は、「クリプトタウンです。

 

はるはる
はるはる

今は、「AXE」のプロジェクトの話をしています。
AXEコインという仮想通貨が2018年ICOで販売されました。

クリプトタウンとは何か

AXEARというアプリの中のサービスです。
なので、AXEARの話になります。

クリプトタウンが目指すもの

これまで多数の仮想通貨が発行されてきました。
中には、仮想通貨同士でライバル関係になることもあります。

そこで、AXEARでは仮想通貨発行元各社と連携を図り、各社の通貨が共存するマーケティングツールのリリースに向けて、調整している状況です。

リリース時期の目安

2019年中を目指しているようです。

AXEARの名前の由来

暗号通貨「AXE」と拡張現実「AR」を融合させたもの。

AXEARの特徴

利用者と販売者が、ゲームを通じ、商取引及びユーザー情報獲得ができるサービス。

販売者は、拡張現実空間に「AXE-Point」や「AXE-Gold」を設置し、プレイヤーはマップを見ながらそれらを探します。

「AXE-Point」や「AXE-Gold」を獲得できたら、ショッピングに利用したり、ゲーム内でのキャラクターアップグレードや、課金に使用できます。

世界中を旅しながらAXEを手に入れることができ、販売者と消費者双方にメリットのあるアプリとなります。

 

はるはる
はるはる

勝手な予想ですが、「クリプトタウン」により、このゲーム内にて何らかの方法で、他銘柄の通貨も使えるようになるのではないでしょうか。

コメント