ADAカード発行、実需はどうなる?

├エイダ(ADA)
スポンサーリンク

今日のニュース

「メタップスプラス」と「エマーゴ」が、ADAカードを共同ローンチ(公開)するそうです。

ADAカードは、韓国内の大手コンビニを含む3万以上の加盟店で利用可能とのこと。

 実需が生まれ、価格上昇が起きるのか

韓国は仮想通貨に熱狂的な国ですから、韓国で実需が生まれたら、かなりの価格上昇が見込めます。

しかし、ADAカードを使わないと、コンビニで買い物ができないのでしょうか。
普通に法定通貨で購入する人が多数だと思います。

誰もがADAカードを利用するのではなく、一部の仮想通貨ファンだけがおもしろがって利用するイメージがあります。

国民全体に需要が生まれるには、ある程度の時間と、きっかけが必要だと思います。

 ADAの価格推移

現在ADAの価格は、約3円です。

ADAカードの発表が出た頃と比較すると、8%程度上昇しています。

 ADAを購入すべき時期(投資の場合)

今回のニュースは、韓国国内の話なので、日本で実需を実感するのは難しいと思います。

今後も、何か新しいものが出た時、韓国が先行していくかもしれない。
そうなると、価格の上昇に乗り遅れる可能性もある。

ADAは、将来性がある通貨だと思うので、長い目で見るなら、今購入しても損はしないのかな
と思っています。

そもそも、底値で拾うというのはかなり難しい。

ただ、今購入するといってもチャートを見ると、上ひげつけて下降を始めています。
上昇し終えているかんじがする。

これから年末ですし、ある程度下がったところで拾えばいいかもしれない。

私の予想は、仮想通貨はまだ底値になっておらず、更に下げるというものなので、全力買いをオススメするわけではないです。

1段階目の購入、みたいなことをしてもいいのかなという話です。

 トレードで利益を出す場合

トレードの場合は、今は買い時ではありません。
勝てる確率の高い状態にないからです。

チャートの勢いも弱いし、先ほど述べたように、直ちにADAカードが利用されて、急上昇していく状況でもないです。

ちょうど山のてっぺんあたりにいて、どう見てもエントリーするタイミングではない。

もっと確実な場面で、上昇し始めを拾い、自分の決めたルールに従った利確ポイントに来た時に売るほうがいい。

コメント