仮想通貨取引所Zaifの口座開設と利用方法

スポンサーリンク

※2018年10月13日現在新規登録停止中

そろそろ国内取引所の紹介もしていこうかなと思います。

今回はZaifですね。

ではさっそくその特徴を紹介していこうと思います。

Zaifの特徴

①国内の取引所なので使いやすい。

②ネム(XEM)を買うことができる。

③チャットをしてるときに、チップとして仮想通貨を送ったりもらったりできるチャットチップのシステムがある。

現在送ることができるチップはBTC・XEM・MONA・ZAIFトークン・PEPECASHの5種類。

いいコメントをしたらもらえるかもしれない?

④コンビニ入金ができるので、お手軽。

私も最初は、銀行振込とかよくわからなくてコンビニ入金ばっかり利用していました。
ただ、不正防止の観点から1週間の間出金できる金額に制限がかかります。
規約が変更になる可能性もあるので、みなさんが登録するときに、予め規約を見てみるとよいかもです。

登録の流れ

①下記バナー広告をクリックしてザイフ(Zaif)の公式を開く

※私の貼ったリンクを踏まないにせよ、基本的に取引所に登録するときは、google検索を利用せず信頼できる人が貼ってるURLから飛んだ方がいいです。
そっくりの偽サイトが出回ってる可能性あり。
特に海外のサイトに多いです。
日本のはまだ聞いたことないですけど。

②画面右上の「無料会員登録」をクリック

メールアドレスを入力して登録

④確認メールがくるので、記載されているURLをクリック

パスワードを設定して登録

⑥画面右上の「ログイン」からメールアドレスと、設定したパスワードを入力してログインする

⑦ログインしたら画面右上の「アカウント」をクリック。

登録情報/本人確認をクリック

「基本情報」に個人情報を入力していく。

⑩基本情報の入力が終わったら、となりに「本人確認」があるのでクリック

⑪他の取引所と同じで、免許証の写真などをアップロードして、ハガキがくるのを待つ形になります。
私はスマホで撮って、PCに移してアップロードしました。

二段階認証の設定方法

①画面右上のアカウントをクリック

登録情報/本人確認をクリック

セキュリティをクリック

2段階認証設定をクリックして設定

※google認証をする場合は、スマホで下記アイコンのアプリをインストール

アプリを起動し、画面右下の+ボタンを押しバーコードをスキャンを選択して、QRコードを読み取る。

Zaifに関しては、バックアップコードがあって安心できるものの、スマホが壊れたときに二段階認証を破棄しないといけなくなるので、QRコード画面の印刷などをしておくのがオススメ。
もちろんバックアップコードも控えておく

入金の流れ

①ハガキがきたら取引ができるようになります。

②また画面右上のアカウントをクリック

③今度は「入出金と履歴」をクリック

下記画面のようになります。

※¥マークは日本円です。
その右が、ビットコイン、イーサリアム、ネムと続きます。
緑のBは、ビットコインキャッシュ(BCH)という違う通貨なので、ビットコイン(BTC)と間違えないように

¥マークをクリックして、その左下にある入金をクリック

⑤入金の左下に、銀行振込やコンビニ決済などがあります。

今回はコンビニ決済を利用してみます。
500円~299400円の範囲で入金金額のところに入力して、「コンビニ決済による入金手続きを開始する」をクリック

⑦後は流れにそって、ファミマでもローソンにでも払い込みにいくかんじです。
電話番号と、払い込み番号をローソンならロッピーで入力するようなかんじになります。
よくわからなければ、入金するときの画面にあった「コンビニ決済による入金ガイド」を見るといいです。

⑧入金が終わり、反映がされると画面右上のJPY(日本円)のところに反映されるはずです。

Zaif積立購入

いちいち入金するのが面倒で、購入タイミングもわからない人はアカウント画面にあるZaifコイン積立を利用して口座引き落とし→自動購入にするのもいいと思います。

「ドル・コスト平均法」という相場が上がっても下がっても一定額で買い続けるものみたいですよ。

一応手数料等も発生するので、画像を載せますが常に最新とは限らないので、取引所内の規約を確認してから申し込んだ方がいいと思います。

(2018/05/08現在)

取引の流れ

①画面右上の「取引」をクリック

②画面左上に「BTC/JPY」というのがあると思います。
これは、「ビットコインを、日本円で売買」という意味です。
ここをクリックすると、取引したい通貨を選べます。
主要通貨の他、トークンもあります。

③その下にはグラフがあると思います。
これが相場を表すチャートです。
1日単位など選べます。
マウス真ん中のコロコロで拡大したりできます。

④画面右上が本題の売買の注文をするところ。
「現物」と「信用」があると思います。

「現物」=手持ちのお金や通貨で売買する。

「信用」=お金がないのに信用で取引する。
つまりレバリッジをかけるということ。
例えば、1万円しかないのに10倍のレバリッジをかけると10万円の取引ができる。
値上がりすればいいですが、仮想通貨みたいな変動の激しいものでやると、マイナスも10倍で破滅する恐れがあります。

私は、現物のみで取引するのを推奨しています。

⑤試しに、ネム(XEM)で買うならどういう画面になるか入力してみます。

下記画像のようになります。

「1XEMの価格」を入力するにあたっては、左上のチャートにある終値を参考にしています。
この場合だと、終値が42.1503円に対して注文が42円なので、42円に相場が落ちるまで取引は成立しないことになります。

売りはこの逆バージョンです。
画面右上に、「Xemを売る」とありますよね。
これをクリックして、売りたい価格や量を入力して売り注文します。

キャンセルしたいときは、画面右下の「注文と履歴」をクリックして、一覧にある取引の中から選んで取消をクリック

⑦画面左下の「売買注文」では、売りたい人が指定している通貨の量と、買いたい人が指定している通貨の量を見ることができるので相場が今後、上がっていきそうかどうかをある程度把握することができます。

⑧画面右下のチャットでは、最初にいった投げ銭(チップ)をもらえるかもしれないですね。

出金の流れ

①画面右上のアカウントをクリック

「入出金と履歴」をクリック

③日本円なら、¥をクリックして「出金」をクリック

銀行口座を登録して、そこに出金

日本円以外の通貨を出金する場合

送金先で表示されている、入金アドレスを出金アドレスのところに入力して送金する。

※アドレスを1文字でも間違えると仮想通貨が消滅する恐れあり、基本コピペ

※ネム(XEM)に関しては、アドレス以外にメッセージも入力しないと仮想通貨が
消滅
する場合がある

おさらい

日本円を入金→通貨を選択して購入→値上がりする

→通貨を売却する→日本円出金

慣れるまでは、これでいい気がする。
仮想通貨の入金、送金は、アドレスミスなどが怖い。

ちなみにネム(XEM)をハードウェアウォレットへ移動する場合は
Ledger Nano SではなくTREZOR(トレザー)というハードウェアウォレットを使うので間違えて購入したりしないように。

コメント