仮想通貨格付けの変化

スポンサーリンク

私が以前に記事にしたことがあるのは
中国の仮想通貨格付けで、5/19に書きました。

でも私が仮想通貨格付けのことを知ったのは
アメリカの格付け機関weissRatings(ワイスレーティング)
が仮想通貨の格付けをするということで
今年の1月に話題になったのが始まりでした。

その時の格付けでは、Aランクと評価された通貨はなく
人気だったXRPがC評価だったことに驚かされました。

今回その評価に変化があったようなので
それを書きたいと思います。

ビットコイン  C+    →  B-

エイダコイン  B-    →       B

イーサリアム  B  →       B-

リップル    C  →   B-

格付けで評価が上がったからといって
価格が直ちに上昇するというわけではないです。

ただ、自分が持っている通貨の評価が上がると
うれしいですよね。

エイダもリップルも日本人は大好きですからね。

コメント