原資回収している人達の立ち回り

├IEO
スポンサーリンク

この記事の概要

☑ICOで失敗したのに、原資回復している人の話

ICOの損にこだわらない人達

ICOで大損したのに、原資回復を達成している人達をたまに見かけます。

その人達に共通しているのは、「切り替えの速さ」。

損しているからとか関係なく、資産10分の1でも撤退していくんですよね。
そして有料案件で回収を果たしている。

原資回復した人の回復ルート

信用を重視した銘柄への再投資

FTトークン、バイナンストークン、BTCといった信用の高い銘柄。
これらで回収しているケースがあるように感じました。

特にFTトークンは、底値から比べると随分回復しています。

IEOでの回収

私も先日FMEXのIEOに参加しましたが、普通に資産が倍以上になりました。

ICOと違い、価格が上場からすぐに上昇するケースも多いと思います。

取引所の信用がカギ

各所で情報を集めていて、わかったことがあります。

 

「取引所の信用」の比重が大きくなっている。

 

今は、取引所が有望なIEOを実地できるかを競っているように感じます。

 

ぶっちゃけ、資産を倍にできるIEOが今後も出てくると思います。
注意深く観察しておくのがオススメです。

まとめ

・投資には、切り替えの速さも大事
・信用ある銘柄への再投資も有望
・IEOもやはり注目しておいたほうがいい

 

はるはる
はるはる

わりと今日は大事なことを話したと思っています@v@

コメント