スイスで仮想通貨ETP取引開始

スポンサーリンク

世界で初めて、スイスにて仮想通貨ETPが認可されました。

ETPの通貨比率は、BTC(48.69%)、XRP(25.72%)、ETH(17.6%)、BCH(5.11%)LTC(2.88%)になっています。

来週にも上場予定とのこと。

情報元

スイスで来週にも世界初の仮想通貨ETP取引開始へ|大型ファンダでトレンド転換の兆し
今回、認可を受けた、Amun社によって提供される、ビットコインに加え、4種のアルトコインを含んだ、「Amun Crypto Basket Index (HODL5)」は、世界初、株式市場に上場する仮想通貨ETPとなる。なお、上場先の取引所については、スイスの主要取引所、「SIX Exchange」とされる。

記事内容について

「ETFやETPの話が出ても、ちっとも上がらなかったじゃないか」

こう思う人も多いと思います。

しかしETFやETPというのは、普通の仮想通貨ニュースとは一線を画するものです。

なぜなら、金融の世界では、商品を均等に買っていくという手法がよく用いられているからです。

リスク分散のためにそうするのです。
そして結果的にマイナスよりプラスの方を大きくして利益を出す。

その手法を用いている人達は、別に仮想通貨の価格なんか上がらなくてもいいのです。
分散投資した商品の中のどれかで利益を出せて、総合的にプラスにできればそれでいいんです。

仮想通貨がその市場に並ぶことに意味があるのです。
それだけで、価格が上がることが保証されるわけですね。

今日の一言

基本的には上で述べた通りだと思うのですが、戦略というものがあります。

セリクラらしいセリクラがまだ来ていない以上、来週直ちに価格が上昇するとも限らない。
時期がずれる可能性はあるかもしれません。

ただ将来的に価格が上昇する流れが、ほぼ確定するようなイメージです。

コメント